お金に困ったらキャッシング|WEBで契約まで完結させる

返済方法や金利の違い

硬貨と人形

金融機関から融資を受けたいと考える時には、キャッシングまたはカードローンといったサービスを利用することで必要なだけの金額を借り入れることができます。数多くの人々の中には、キャッシングとカードローンの違いについて今一つ理解していないという人が少なからずいるでしょう。ここでは、その違いについて説明していきます。キャッシングとカードローンの違いは、その返済方法にあります。キャッシングの返済方法は、一般的には一括返済です。それに対してカードローンでは、分割による返済が一般的となっています。つまり、キャッシングは翌月の給与で一括返済できるような小口融資のことを指し、カードローンは分割しなければ返済が難しい大口融資のことを指すのです。ただ、カードローンに関しては数十万円の小口融資も受け付けています。

キャッシングとカードローンには、返済方法以外にも違いがあります。それは、借入金額に対して発生する金利です。キャッシングは金利が低く、返済自には元金に加えて最小限の利子を支払うだけで済みます。カードローンに関しては、金利が高めに設定されていることが多いです。前述した通りカードローンは分割による返済が多いため、金利を高めに設定しておけば金融機関はより多くの利益を得ることができるのです。ここまでキャッシングとカードローンの違いについて説明してきましたが、最近ではその二つを同じ意味として使うことも多くなってきました。例えば、キャッシングという商品名でありながら小口融資から大口融資まで対応し、返済方法に関しても一括返済と分割返済で選ぶことができるといったものも存在するのです。いずれにしても、キャッシングやカードローンを利用する際には金利が最も重要なポイントになりますので、しっかりとどれだけの金利が掛かるのか確認しておくことをお勧めします。